インターネットFAXを利用するときに注意したい電話回線

MENU

インターネットFAXを利用するときに注意したい電話回線

スマートフォンやタブレット端末でインターネット接続をすることが多くなった今では、
インターネットFAXが便利ということで注目されています。
パソコンFAXソフトはそれまでにもパソコン上で利用されていて、ペーパーレスが実現しコスト削減が見込めることから、
非常に注目されて多くの人に使われていました。

 

インターネット接続に一般の電話回線を使用していたり、ISDN回線が使われていた時期には、パソコンFAXソフトはとても便利でした。
普通の電話回線を使ってインターネット接続をする場合は、FAXモデムを用意する必要がありました。
ISDN回線やADSL回線でもその回線に合ったFAXモデムが必要でした。
そのため、FAXモデムを準備してインターネット接続を行っていたのです。
そんなインターネット接続環境ではFAXモデムは必ず準備しなければならなかったので、
パソコンFAXソフトを利用するにはソフトを購入するだけで良かったのです。

 

しかし、インターネットFAXはインターネット環境さえあれば、他に準備するものはありません。FAXモデムも必要ありません。

今ではインターネット接続に光回線が多く利用されており、アナログ回線ではなくデジタル回線が使われています。

 

FAXにはいくつかの種類があり、現行で利用されているのはG4とG3という規格です。
簡単に言うと、G4がISDNなどのデジタル回線用のFAXで、G3がそれ以前のアナログ回線を使ったFAXです。

 

インターネットFAXには一部のサービス会社に「G4では利用できない」と案内されていることがあります。
インターネット接続ができる環境があれば使えるといわれるインターネットFAXですから、接続回線を問わないものもありますが、
一部にデジタル回線では使えないものがあります。

 

この点から、デジタル回線を使用している人や送信する相手がデジタル回線を使用している場合は注意が必要です。
ただし、光回線でインターネット接続をしている人はIP電話を使っている人も多いですが、IP電話はデジタル回線です。
不安を感じる人は、あらかじめサービス会社に確認してみるとよいでしょう。