法人でのインターネットFAX活用術

MENU

法人でのインターネットFAX活用術!

インターネットFAXは、さまざまなビジネスシーンで活躍するものです。
企業の業種に関わらず、コスト削減を実現し、ビジネスを発展させる可能性を期待できます。

 

ビジネスシーンにおいてFAXは必要不可欠なものです。
しかし、紙ベースの管理によって成り立っているFAXは、重要な文書を紛失したり見落としたりというリスクを抱えています。
データの管理の面からは、どうしてもリスクがあることは否めません。

 

インターネットFAXなら、そんなデータ管理の効率もアップさせることができ、迅速な対応とともに管理も容易になります。

 

ビジネスシーンでインターネットFAXを有効に使う方法として、届いたデータをその場で確認できますので、会議中に参加している人のノートパソコンに送信して情報をすぐに共有することができます。

 

プリントアウトしなくても情報を共有して、そのまま会議に利用することもできますので、ペーパーレスだけでなく、リアルタイムでスピーディーに仕事を進めることができます。

 

現代は、業務をスピーディーにすることで競合との競争に打ち勝つ可能性も多いので、インターネットFAXはスピーディーに対応するためのツールとして大きく活用できるものでしょう。
また、インターネットFAXは専用番号を複数持つことができる会社がありますので、複数の番号を使って大量のFAXを送受信することができます。あらかじめ番号を整理しやすいように振り分けておけば、後から内容を確認したいときに非常に便利です。

 

インターネットFAXサービスによっては、メールアドレスに転送したり、インターネット環境がない外出先でプッシュ音が出る電話機から操作することで、指定のFAXで印刷することも可能なものがあります。ホテルのFAX番号を登録しておけば、ネット環境がないところでもFAXを受け取ることができます。

 

ポイントインターネットFAXではテキストファイルからワード、エクセル、パワーポイント、TIFF、PDFなどのファイルを送ることができますが、送信するときの仕組みはインターネットFAXによって異なります。エクセルやパワーポイントのデータを変換せずに送ることができるものもありますので、よく送るファイルの種類などもチェックしてインターネットFAXを選ぶといいですね。